売却か賃貸かを決めかねている人に

土地や家屋を持っていても、それを手放すことを考えることがあるものです。 遺産として急に不動産を相続したり、転勤のために自分の住んでいた家を長期間離れることになったりする場合などがその典型でしょう。

賃貸で収入を得ているオーナーの方も、こうした悩みに直面する日が必ず来ます。
物件が老朽化してくると、維持費がかさむばかりか、入居者探しすら難しくなってくるからです。 収入よりも出費の方が大きくなってくれば、確かに売却する方がいいかも知れません。

しかし不動産価格は、時期によって大きく変動します。 売買に関する法律がとても複雑なことも覚えておきましょう。
売却によってまとまった収入があっても、売る時期を誤ると、大きな税金を翌年請求されることになります。
不動産売却のタイミングを見つけるのは、普通の社会人にはかなり難しいことです。 売りたいという気持ちがあっても、自己判断は禁物せずに、専門業者にまずは相談してみてください。
不動産査定を無料で行ってくれる、こういうサイトもあります。http://www.starts-ph.co.jp/sell/

訪問査定を依頼すれば、物件の状態や周辺の状況まで考慮して、その時点でのかなり正確な売却可能金額を算出してもらえるでしょう。 金額に満足できれば、売主の方ははじめて売却を具体的に考えればいいのではないでしょうか。
金額に満足できなければ、業者と相談しつつ、賃貸などの活用法を考えてみるべきでしょう。 不動産取引の状況や、オーナーのライフプランなどによって、選ぶべき道は何通りもあります。 プロを信頼して、不動産の活用方法を話し合うことが大切です。